【MohistMC】MODとプラグイン対応のマイクラサーバーの立て方

サーバーにMODとプラグインの両方を入れられたら……」とお悩みではありませんか?

この記事では、MODとプラグインの両方を導入できる、『MohistMC』を使ったサーバーの立て方を紹介します。

アサダ

この記事は次のような人におすすめ!

  • サーバーにMODとプラグインを導入したい
  • 『MohistMC』でのサーバーの立て方が分からない
  • 『MohistMC』のサーバーが起動しない

サーバーにMODとプラグインの両方を入れられたら、カスタマイズの幅が大きく広がりそうですよね。

この記事を読めば、『MohistMC』でのサーバーの立て方が分かり、より自由にマルチプレイ環境をカスタマイズできるようになりますよ!

それではどうぞ。

メモ

基本的に統合版のマイクラでは、『MohistMC』のサーバーを立てられません。

この記事では「Java版」を前提に、『MohistMC』を使ったサーバーの立て方を解説します。

MohistMCとは

『MohistMC』とは、MODとプラグインの両方を導入できる、ハイブリッドサーバーのプログラムのことです。

たとえば、サーバーへのMODやプラグインの導入には、「MODサーバー」や「プラグインサーバー」を構築する方法もあります。

※MODサーバーやプラグインサーバーについては、以下の記事をご覧ください。

以下、『MohistMC』とMODサーバーやプラグインサーバーの違いです。

MODの導入プラグインの導入
MODサーバー×
プラグインサーバー×
MohistMCサーバー

表のとおり、基本的にMODサーバーにはMODのみ、プラグインサーバーにはプラグインしか入れられません。

一方で『MohistMC』のサーバーなら、MODとプラグインの両方を導入可能。
導入するMODとプラグインの相性には気を付ける必要があるものの、より自由にマルチプレイ環境をカスタマイズできます。

ちなみに、『MohistMC』を導入できるのは、サーバー環境のみです。

ローカル環境(クライアント)には入れられないので、注意してください。

【5ステップ】MohistMCを使ったサーバーの立て方

今回は弊社の『Xserver VPS』を例に、『MohistMC』を使ったサーバーの立て方を解説します。

アサダ

弊社の『Xserver VPS』と『Xserver for Game』では、手順が一部異なります。

手順が異なる箇所は解説するので、ご安心ください!

なお、この記事で紹介する手順の環境は、以下のとおりです。

手順の環境
  • 機種:Windows10
  • バージョン:1.19.4

それでは、上記のステップを一つずつ見ていきましょう。

ステップ1:OSをインストールする

はじめに「新規申し込み」、もしくは「OSの再インストール」の方法で、『MohistMC』のサーバーを立てるのに必要なOSを準備します。

新規申し込み

以下は、『Xserver VPS』の新規申し込みでOSを準備する手順です。

STEP1
「Xserverアカウント」を作成する

Xserver VPS』のお申し込みフォームから、「Xserverアカウント」を作成しましょう。

STEP2
イメージタイプで「Ubuntu 22.04(64bit)」を選択する

Xserverアカウント」の作成後、「VPSのお申し込み」画面に移ります。

以下の表を参考に、各項目を入力してください。

項目説明
プラン『MohistMC』のサーバーを立てる場合は、4GB以上のメモリ容量を推奨しています。
特別な理由がなければ、4GB以上のプランを選択してください。
サーバーの契約期間任意の契約期間を選択してください。
「12ヶ月」以上でご契約いただくと、月額料金が割引されるためお得です。
イメージタイプ「OS」タブの「Ubuntu 22.04(64bit)」を選択してください。
rootパスワード任意のパスワードを入力してください。
忘れないようにメモしておきましょう。
SSH Key「設定しない」のままで問題ありません。

入力後、「Xserver VPS利用規約に同意する」にチェックを入れ、お申し込み内容を確認するをクリックしましょう。

STEP3
お申し込み内容を確認する

入力内容を確認して、問題なければお支払いへ進むをクリックしてください。

STEP4
お支払い方法を選択する

お支払い方法には、「クレジットカード」と「翌月後払い(Paidy)」があります。

いずれかの方法を選択して、支払いを進めましょう。

以上で、OSのインストールは完了です。

OSの再インストール

『Xserver VPS』で「Ubuntu 22.04(64bit)」以外のアプリイメージをご利用中の場合は、OSを再インストールしてください。

STEP1
VPSパネルにアクセスする

まずは、VPSパネルにアクセスしましょう。

画像:VPSパネル
STEP2
サーバーをシャットダウンする

OSを再インストールするには、一度サーバーをシャットダウンする必要があります。

右上の電源操作をクリックして、「シャットダウン」を選択してください。

画像:「シャットダウン」をクリックする

右上のステータスが「停止中」に変わればOKです。

STEP3
「OS再インストール」で「Ubuntu 22.04(64bit)」を選択する

続いて、左側のメニューにあるOS再インストールをクリックします。

画像:「OS再インストール」をクリックする

Ubuntu 22.04(64bit)」を選択したあと、ご契約時に設定した「rootパスワード」を入力して、確認画面へ進むをクリックしましょう。

画像:「確認画面へ進む」をクリックする
STEP4
「再インストールする」をクリックする

再インストールするをクリックすればOKです。

画像:「再インストールする」をクリックする

再インストールが完了したら、サーバーを起動しておきましょう。

画像:サーバーの起動

Xserver for Gameの場合は自動起動プログラムを削除しよう

『Xserver for Game』をご利用の場合は、「ステップ1:OSをインストールする」の代わりに「自動起動プログラム」を削除する作業が必要です。

自動起動プログラムとは

『Xserver for Game』の起動と同時に、マイクラサーバーを自動で立ち上げるプログラムのこと。

なお、自動起動プログラムを削除すると、ご契約時にインストールされるサーバープログラム(server.jar)が自動で起動しなくなります。

削除した自動起動プログラムを元に戻したい方は、「アプリ再インストール」で「Minecraft(Java版)」のアプリイメージをインストールしなおしてください。

アサダ

「アプリ再インストール」の手順は、「OSの再インストール」と変わりません。

アプリイメージを再インストールした場合、『MohistMC』のサーバーを立てるには、改めて自動起動プログラムを削除する必要があるので覚えておきましょう。

それでは、自動起動プログラムを削除する手順を紹介します。

STEP1
コンソールにログインする

はじめに、『Xserver for Game』のコンソールにログインしましょう。

ゲームパネルにアクセスしたら、右上のコンソールをクリックしてください。

画像:「コンソール」をクリックする

コンソールが開くので、「root」のあとEnterを押します。

画像:rootと入力する

続いて、ご契約時に設定した「rootパスワード」を入力しましょう。

画像:「rootパスワード」を入力する

アサダ

rootパスワードは画面に表示されませんが、しっかりと入力されています!

以下のような画面に変わったら、コンソールへのログインは完了です。

画像:コンソールのログイン後の画面
STEP2
自動起動プログラムを削除する

コンソールにログインしたら、以下のコマンドを入力します。

rm /etc/systemd/system/minecraft-server.service

画像:削除コマンドを実行する

Enterで実行すれば、自動起動プログラムの削除は完了です。

ステップ2:Javaをインストールする

『MohistMC』のサーバーを起動するためには、『Xserver VPS』にJavaをインストールしておく必要があります。

VPSパネルを開いたあと、右上のコンソールをクリックしてください。

画像:「コンソール」をクリックする

続いて、コンソールにログインします。

詳しい手順は、こちらを参考にしてください。

画像:ログイン後のコンソール画面

コンソールにログインしたら、以下のコマンドを実行して、Javaをインストールします。

apt update && apt install -y openjdk-18-jdk

画像:コマンドを実行する

Javaのインストールが完了したらOKです。

ステップ3:サーバープログラムを準備する

続いて、『MohistMC』のサーバープログラムを準備します。

STEP1
デスクトップにフォルダを作成する

MohistMC』をダウンロードする前に、デスクトップにフォルダを作成しておきましょう。

今回は分かりやすいよう、「mohistmc」という名前のフォルダを作成しました。

画像:デスクトップにフォルダを作成する
STEP2
MohistMCをダウンロードする

こちらのページにアクセスして、バージョン1.19.4の『MohistMC』をダウンロードします。

トップページのDownloadをクリックしましょう。

画像:「Download」をクリックする

1.19.4のタブをクリックしてください。

画像:「1.19.4」のタブをクリックする

LATEST(最新版)」のDownloadをクリックしましょう。

画像:「LATEST」の「Download」をクリックする

広告ページに切り替わるので、5秒待ったあとに右上のskipをクリックします。

画像:「skip」をクリックする

先ほど作成したフォルダ(「mohistmc」)にダウンロードしましょう。

画像:「mohistmc」フォルダにダウンロードする
STEP3
バッチファイルを作成する

ダウンロードした『MohistMC』を初回起動するため、バッチファイルを作成していきます。

バッチファイルとは

コマンドプロンプトに実行させるコマンドを、まとめたテキストファイルのこと。

mohistmc」フォルダ内の何もないところで右クリックを押したあと、「新規作成」にカーソルをあて、テキストドキュメントを選択してください。

画像:「テキストドキュメント」をクリックする

ファイル名を「run.bat」に変更します。

画像:ファイル名を「ran.bat」に変更する

注意のポップアップが表示されたら、はいをクリックしましょう。

画像:注意のポップアップ

続いて、「run.bat」を右クリックして、編集を選択してください。

画像:「編集」を選択する

ファイルが開いたら、以下のコードを入力しましょう。

@echo off
java -Xmx1G -Xms1G -jar mohist-1.19.4-186-server.jar
pause

-Xmx1G -Xms1G」の部分は、割り当てるメモリ量を指定するコマンドです。

Xserver VPS』の2GBプランをご契約の場合は、上記のままで問題ありません。

しかし、4GB以上のプランをご契約の場合は、以下の表を参考に値を書き換えましょう。

プラン
4GB-Xmx3G -Xms3G
8GB-Xmx7G -Xms7G
16GB-Xmx15G -Xms15G
32GB-Xmx31G -Xms31G
64GB-Xmx63G -Xms63G

また、「mohist-1.19.4-186-server.jar」の部分には、『MohistMC』のファイル名を記載してください。

アサダ

バージョンによってファイル名は異なります。

「1.19.4」以外の『MohistMC』をダウンロードした方は、ファイル名を確認のうえ、書き換えるようにしましょう。

画像:起動コードを入力する

入力後、Ctrl + Sでファイルを保存してください。

STEP4
MohistMCを初回起動する

作成したバッチファイルをダブルクリックして、『MohistMC』を初回起動しましょう。

※『MohistMC』の起動には『JDK』が必要なので、事前に入手しておいてください。

JDKとは

Java言語のプログラムを実行するために必要なツールです。

画像:『MohistMC』を初回起動する

しばらくすると、「You need to accept the eula to launch your server. Type true to continue.(サーバーを起動するにはEULAに同意する必要があります。続けるにはtrueと入力してください)」と表示されます。

EULAとは

「End-User License Agreement」の略称で、和訳は「ソフトウェア使用許諾契約」です。

ソフトウェアの使用に関して、提供元とユーザーの間で交わされる契約のことを言います。

画像:「EULA」への同意を促す画面

true」を入力したあと、Enterを押してください。

画像:「true」と入力する

続行するには何かキーを押してください」と表示されたら、×で画面を閉じましょう。

mohistmc」内を確認すると、追加でいくつかフォルダやファイルが生成されています。

画像:「mohistmc」フォルダ

以上で、サーバープログラムの準備は完了です。

ステップ4:Xserver VPSにアップロードする 

「mohistmc」のフォルダを『Xserver VPS』にアップロードしていきます。

STEP1
SSHクライアントをインストールする

はじめに、「SSHクライアント」というソフトウェアを用意しましょう。

SSHクライアントとは

遠隔でパソコンやサーバーを操作したり、ファイルを送ったりするためのソフトウェアのこと。

今回は、『WSL』というSSHクライアントを使用します。

画面左下の「ここに入力して検索」に「cmd」と入力したあと、管理者として実行をクリックしてください。

画像:「管理者として実行」でコマンドプロンプトを開く

コマンドプロンプトが開いたら、以下のコマンドを実行します。

wsl --install

画像:『WSL』をインストールする

WSL』のインストール後、パソコンを再起動しましょう。

STEP2
転送コマンドを実行する

再度、「管理者として実行」でコマンドプロンプトを起動して、以下を入力します。

scp -r ①「mohistmc」フォルダのパス root@②VPSのIPアドレス:/opt/

これは、『Xserver VPS』の「/opt」というディレクトリに、「mohistmc」のフォルダを転送するコマンドです。

もし「mohistmc」のフォルダをデスクトップに置いているなら、以下のようなパスが考えられます。

パスの一例

C:¥Users¥ユーザー名¥Desktop¥mohistmc

また、「②VPSのIPアドレス」は、VPSパネルの上部で確認可能です。

画像:IPアドレスの確認方法

それぞれ確認のうえ、当てはめましょう。

画像:転送コマンドを入力する

Enterで実行すると、「Are you sure you want to continue connecting?(本当に接続を続けますか?)」と表示されます。

yes」のあとEnterを押してください。

画像:「yes」を入力する

rootパスワード」が求められるので、入力後にEnterを押すと、アップロードが始まります。

画像:「rootパスワード」を入力する

アップロードが完了すればOKです。

ステップ5:サーバープログラムを起動する

最後に、『Xserver VPS』上で『MohistMC』を起動しましょう。

VPSパネルにアクセスしたあと、コンソールにログインしてください。

画像:ログイン後のコンソール画面

次に、以下のコマンドを入力します。

cd /opt/mohistmc && java -Xmx1G -Xms1G -jar mohist-1.19.4-186-server.jar

バッチファイルの作成時と同じく、赤字の部分は自身の環境に合わせて書き換えましょう。

Enterで実行すると、『MohistMC』の起動が始まります。

画像:起動コマンドを実行する

「Done ! For help, type “help”」と表示されれば、『MohistMC』を使ったサーバーの構築は完了です!

画像:『MohistMC』の起動完了画面

MODとプラグインを入れてみよう

以下、『MohistMC』のサーバーにMODとプラグインを導入する手順です。

メモ

MODやプラグインは、ユーザーが制作した非公式のプログラムです。
導入するMODやプラグインによっては、少なからずセキュリティリスクが生じます。
MODやプラグインの導入は、ご自身の判断で進めてください。

STEP1
MODをダウンロードする

MohistMC』と同じバージョン(※)のMODをダウンロードしましょう。
※この記事ではバージョン1.19.4

アサダ

『MohistMC』とMODのバージョンが異なると、エラーの原因になります。

バージョンが合っているか、しっかりと確認してください。

MODをダウンロードしたら、「mohistmc」フォルダ内にある「mods」フォルダに移動しましょう。

画像:MODを「mods」フォルダに移動する
STEP2
プラグインをダウンロードする

プラグインに関しても、『MohistMC』と同じバージョンである必要があります。

バージョンに相違がないか確認してからダウンロードしましょう。

ダウンロード後、「mohistmc」フォルダ内の「plugins」フォルダに移動してください。

画像:プラグインを「plugins」フォルダに移動する
STEP3
Xserver VPSにアップロードする

mods」フォルダと「plugins」フォルダを『Xserver VPS』にアップロードします。

管理者として実行」でコマンドプロンプトを開いたら、まずは以下のコマンドを実行して「mods」フォルダをアップロードしてください。

scp -r ①「mods」フォルダのパス root@②VPSのIPアドレス:/opt/mohistmc

画像:「mods」フォルダの転送コマンド

続いて、以下のコマンドを実行すれば、「plugins」フォルダをアップロードできます。

scp -r ①「plugins」フォルダのパス root@②VPSのIPアドレス:/opt/mohistmc

画像:「plugins」フォルダの転送コマンド

アサダ

それぞれ赤字の部分は、自身の環境に合わせて書き換えましょう!

アップロードが完了次第、MODとプラグインの導入は完了です。

MohistMCのサーバーに接続してみよう

MODとプラグインを導入したら、実際にサーバーに接続してみましょう。

STEP1
Minecraft Forgeをローカル環境にインストールする

MohistMC』のサーバーに接続するためには、ローカル環境(クライアント側)に『Minecraft Forge』をインストールしておく必要があります。

Minecraft Forgeとは

マイクラにMODを導入するためのシステムです。

「前提MOD」「MODローダー」などと呼ばれ、MOD同士の干渉を防ぐ役割があります。

以下、『Minecraft Forge』を導入する手順です。

Minecraft Forgeの導入手順
  1. 一度マイクラを起動する
  2. Minecraft Forgeをダウンロードする
  3. Minecraft Forgeをインストールする
  4. Minecraft Forgeのゲームディレクトリを編集する
  5. Minecraft Forgeを起動する

詳しくは、以下の記事で解説しています。

STEP2
MODをローカル環境に導入する

また、『MohistMC』のサーバーと同じMODも、ローカル環境(クライアント側)に導入しなければいけません。

アサダ

サーバーとクライアントでMODのバージョンが異なると、エラーが発生してしまいます。

同じバージョンのMODを入れてもらうよう、サーバーの参加者に伝えておきましょう。

ローカル環境にMODを導入する手順は、以下のとおりです。

MODの導入手順
  1. Minecraft Forgeの起動構成でゲームを開始する
  2. スタート画面で「MOD」をクリックする
  3. 「Modフォルダーを開く」をクリックする
  4. 「mods」フォルダにサーバーと同じMODを導入する

詳しい手順は、以下の記事をご覧ください。

STEP3
Minecraft Forgeでゲームを開始する

ローカル環境への『Minecraft Forge』とMODの導入が完了したら、いよいよ『MohistMC』のサーバーに接続します。

Minecraft Forge』の起動構成でゲームを開始してください。

画像:Minecraft Forgeの起動構成でゲームを始める

マルチプレイをクリックします。

画像:「マルチプレイ」をクリックする

サーバーを追加をクリックしましょう。

画像:「サーバーを追加」をクリックする

サーバー名」は、自由に入力すればOK。

サーバーアドレス」には『Xserver VPS』のIPアドレスを入力して、完了をクリックします。

画像:サーバー情報を入力する

追加されたサーバーを選択して、サーバーに接続をクリックしましょう。

画像:「サーバーに接続」をクリックする

サーバーに接続できたらOKです!

画像:サーバーに接続できたらOK!

よくあるエラーと対処法2つ

『MohistMC』のサーバーを立てるときに、起きがちなエラーと対処法を紹介します。

よくあるエラーと対処法2つ
  • MohistMCのサーバーが起動しない
  • MODやプラグインが反映されていない

MohistMCのサーバーが起動しない

『MohistMC』のサーバーが起動しない場合は、主に以下2つの原因が考えられます。

サーバーが起動しない原因2つ
  • メモリが足りていない
  • クライアント専用のMODを導入している

MODやプラグインの動作には、多くのメモリが必要です。

とくに2GBのプランをご利用の場合は、メモリ不足でエラーが起きやすいので、4GB以上へのプラン変更をご検討ください。

また、クライアント専用のMODを導入していると、サーバーが起動しない可能性が高いです。

たとえば、影MODや軽量化MODなどは、クライアントへの導入を前提としています。

『MohistMC』のサーバーが起動しないときは、クライアント専用のMODを導入していないか確認してみましょう。

アサダ

どれがクライアント専用のMODか分からない場合は、一つひとつ削除して突き止めてください!

MODやプラグインが反映されていない

MODやプラグインが反映されていない場合は、通常のマイクラサーバー(「server.jar」)を起動している可能性があります。

コンソールで「stop」を実行したあと、「ステップ5:サーバープログラムを起動する」を参考に、コマンドを入力しなおしましょう。

まとめ

今回は、『MohistMC』を使ったサーバーの立て方を解説しました。

それでは、手順をおさらいします。

MohistMCを使ったサーバーの立て方
  1. ステップ1:OSをインストールする
  2. ステップ3:Javaをインストールする
  3. ステップ4:サーバープログラムを準備する
  4. ステップ5:Xserver VPSにアップロードする
  5. ステップ6:サーバープログラムを起動する

『MohistMC』のサーバーなら、MODとプラグインの両方を導入可能。

カスタマイズの幅がグンと広がるので、ぜひこの記事を参考に『MohistMC』のサーバーを立ててみてください!

以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

キャンペーン開催中

レンタルサーバーの国内シェアNo.1※サービス「エックスサーバー」が提供する「Xserver for Game」では、2024年4月30日12時まで、利用料金最大60%キャッシュバックキャンペーンを開催中です!

今なら実質月額415円~お得にマイクラサーバーが立ち上げられます!
高性能CPUや高速ストレージなどを備え、サクサク遊べるマルチプレイ環境を構築可能。

なかでも、より快適にマルチプレイを遊べる8GB以上のプランがお得です!

【4月30日まで】利用料金最大60%キャッシュバックキャンペーンはこちら!

ぜひこのお得な機会にマイクラサーバーの立ち上げをご検討ください!

※2023年10月時点、W3Techs 調べ。

マイクラサーバー以外でも使いたい方へ

マイクラ用マルチサーバーだけでなく、アプリやシステム開発、ブログの執筆、サーバー構築など、さまざまな用途に使いたい方は「Xserver VPS」がおすすめ!

今なら月額664円~圧倒的ハイスペックなVPS環境を構築できます!
さらに初期費用は無料です。

【5月7日まで】利用料金最大20%オフキャンペーンはこちら!

ぜひこのお得な機会にマイクラサーバーの立ち上げをご検討ください!

以下の記事では初心者でも簡単にマイクラサーバーを立ち上げられる方法を紹介しています。検討されている方は、ぜひご覧ください。

URLをコピーしました!