【マイクラ】PvPサーバーの立て方!初めてでも迷わず構築できる

PvPサーバーを立てて、みんなで対戦を楽しみたい」と考えている方は、多いのではないでしょうか。

ただ、どうすればPvPサーバーを構築できるのか、なかなかイメージしづらいですよね。

そこで今回は、初めての方でも分かりやすいよう、PvPサーバーの立て方をスクリーンショットとともに解説します。

アサダ

この記事は次のような人におすすめ!

  • 友達や家族とPvPを遊びたい
  • 初めてPvPサーバーを立てる
  • PvPサーバーを運営するうえでの注意点を知りたい

この記事を読めば、実践的なPvPサーバーを構築できて、すぐに友達や家族と対戦を楽しめますよ。

それではどうぞ!

PvPサーバーとは

PvPサーバーとは、プレイヤー同士が戦って遊ぶサーバーのことです。

そもそも「PvP」は「Player vs Player」の略で、プレイヤー間の戦闘を意味します。

シンプルな遊び方であるものの、操作スキルの向上や戦略の追求など、極めだしたら終わりがありません。

eスポーツのような感覚で没頭できるため、飽きずに遊べるところが最大の魅力です。

PvPサーバーを立てれば、友達や家族と白熱した対戦を楽しめますよ!

PvPサーバーの種類3つ

PvPサーバーには、主に以下3つの種類があります。

PvPサーバーの種類3つ

サバイバル

「サバイバル」は、もっともオーソドックスなPvPサーバーです。

マイクラのサバイバルモードをベースに、以下のようなアイテムを所持した状態で戦闘が始まります。

画像:インベントリ
アイテム例
  • 武器
  • 防具
  • 食料(パン)
  • 釣り竿
  • 水入りバケツ

最低限のアイテムしかないため、勝利には操作スキルが欠かせません。

「操作スキルを磨きたい」「シンプルな戦闘を楽しみたい」という方は、「サバイバル」のPvPサーバーを立ててみてください。

キットPvP

「キットPvP」は、職業に応じた装備やアイテムを駆使して戦うPvPサーバーです。

たとえば、以下のような職業があります。

職業説明
剣士攻撃力の高い鉄の剣を持った職業
衛兵全身に鉄の防具を装備した職業
木こり斧と木材を所持していて、建築ができる職業
農家金のリンゴを所持していて、自分を強化できる職業
ネクロマンサーゾンビを召喚できる職業

戦闘スタイルやスキルに応じて職業を選べるため、PvP初心者から上級者まで楽しめるところが魅力です。

ハードコア

「ハードコア」のPvPサーバーでは、アイテムなしのゼロから戦闘が始まります。

通常、バトルロイヤル形式で行われ、一度でも倒されれば、その時点で敗北です。

サバイバルモードをプレイしながら、最後まで生き残ったプレイヤーが勝者となります。

他のPvPサーバーとは違い、一度きりの緊張感を楽しめるところが特徴。

また、「じっくりと準備するか」「すぐに戦いに行くか」「奇襲を仕掛けるか」などの駆け引きが重要になるため、玄人好みのPvPサーバーと言えるでしょう。

【Java版/統合版】PvPサーバーの立て方

まずはプラグインを使わない、シンプルなPvPサーバーの立て方を紹介します。

なお、Java版と統合版で手順は大きく変わりません。

今回は、Java版を例にした手順を解説します。

アサダ

「プラグインを使ったPvPサーバーの立て方が知りたい」という方は、こちらをご覧ください。

ステップ1:サーバーを立てる

はじめに、サーバーを立てていきます。

以下、弊社の『Xserver for Game』を使ったサーバーの立て方です。

サーバーの立て方
  1. お申し込みフォームにアクセスする
  2. アカウント情報を入力する
  3. 確認コードを入力する
  4. 入力内容を確認する
  5. 認証コードを取得する
  6. 認証コードを入力する
  7. ゲームサーバーを申し込む
  8. お申し込み内容を確認する
  9. お支払い方法を選択する
  10. 稼働を確認する

詳しい手順は、以下の記事で解説しています。

ステップ2:コマンドブロックを有効にする

続いて、キル数の自動カウント機能を実装するため、「コマンドブロック」を有効にしましょう。

コマンドブロックとは、マイクラのコマンドを記憶し、自動で実行してくれるブロックのことです。

デフォルトだと、コマンドブロックは使えない設定になっているため、「server.properties」を編集して有効化する必要があります。

server.propertiesとは

サーバーの設定内容が記述されたファイルのこと。

STEP1
ゲームパネルにアクセスする

まずは、『Xserver for Game』の「ゲームパネル」にアクセスしてください。

画像:ゲームパネル
STEP2
コンソールにログインする

画面右上のコンソールをクリックします。

画像:コンソールをクリックする

コンソールが開いたら、「root」と入力してEnterを押してください。

続いて、申し込み時に決めた「rootパスワード」を入力しましょう。

画像:「rootパスワード」を入力する

以下のような画面になったら、ログインは成功です。

画像:ログインの成功画面
STEP3
コマンドブロックを有効にする

コンソールにログインしたあと、以下のコマンドを実行します。

nano /opt/minecraft/server/server.properties

画像:コマンドを実行する

「server.properties」が開いたら、「enable-command-block」の「false」を「true」に書き換えてください。

enable-command-block=true

画像:「true」に書き換える
STEP4
設定内容を保存する

編集後、Ctrl + Xを押しましょう。

「Save modified buffer?(変更内容を保存しますか?)」と表示されるので、「Y」のあとEnterを押してください。

画像:設定内容を保存する
STEP5
サーバーを再起動する

最後に、サーバーを再起動します。

コンソールの右上にある、Send CtrlAltDelをクリックしましょう。

画像:サーバーを再起動する

以上で、コマンドブロックの有効化は完了です。

なお、統合版の場合は「allow-cheats」を「true」にすることで、コマンドブロックを有効化できます。

コンソール画面で、以下のコマンドを入力しましょう。

su minecraft

画像:「minecraft」ユーザーに切り替える

続けて、以下のコマンドを入力してください。

screen -r

画像:スクリーンを起動する

最下部に以下のコマンドを入力します。

changesetting allow-cheats true

画像:「allow-cheats」を「true」に変更する

「allow-cheats has been changed」と表示されたらOKです。

ステップ3:PvP用のアリーナを作る

サーバーに接続して、PvP用のアリーナを作っていきます。

※サーバーへの入り方が分からない場合は、以下の記事を参考にしてください。

この記事では、ワールドを「スーパーフラット」に作り替えて、自然に生成された村をPvPのアリーナとして使用します。

スーパーフラットとは

山や丘などが生成されない、平坦なワールドタイプのこと。

以下は、アリーナの全体像です。

画像:アリーナの全体像

それでは、上記のアリーナの作り方を解説します。

アサダ

アリーナの形に決まりはないので、一つの例として参考にしてください!

STEP1
server.propertiesを編集する

スーパーフラットのワールドを作るには、「server.properties」を編集する必要があります。

ステップ2:コマンドブロックを有効にする」の内容を参考に、「server.properties」にアクセスしてください。

画像:server.properties

続いて、「level-type」の項目を「flat」に書き換えます。

level-type=flat

画像:「level-type」を「flat」に書き換える

編集したら、Ctrl + Xで設定内容を保存しましょう。

STEP2
ワールドを作り直す

『Xserver for Game』では、ご契約と同時に自動でワールドが生成される仕様になっています。

ご契約時点だと、先ほど設定したスーパーフラットは適用されていないため、一度ワールドを作り直しましょう。

以下のコマンドをコンソールに入力して、Enterを押してください。

rm -r /opt/minecraft/server/world

画像:既存のワールドを削除する

そのあと、右上のSend CtrlAltDelをクリックすればOKです。

サーバーに接続してみると、以下のとおり平坦なワールドが生成されています。

画像:スーパーフラットのワールド
STEP3
近くの村にテレポートする

キーボードの/Tを押して、チャット欄を開きましょう。

画像:チャット欄

次に、以下のコマンドを実行してください。

▼Java版

/locate structure minecraft:village_plains

▼統合版

/locate structure village

画像:「locate」コマンドを実行する

コマンドを実行すると、近くの村の座標が表示されるので、そちらをメモしておきましょう。

画像:村の座標

「/tp」コマンドと、メモした座標を組み合わせれば、近くの村にテレポートできます。

/tp 128 ~ 144

画像:「tp」コマンドを実行する
STEP4
リスポーン地点を指定する

村に少し手を加えて、分かりやすいリスポーン地点を作りましょう。

画像:リスポーン地点

リスポーン地点を作ったら、以下のコマンドを実行してください。

/spawnpoint @p ~ ~ ~

画像:リスポーン地点を指定する

以上で、アリーナの作成は完了です。

ステップ4:ゲームルールを変更する

PvPしやすい環境を整えるために、ワールドの「ゲームルール」を変更していきます。

変更すべきゲームルールは、以下の5つです。

ゲームルール説明
doMobSpawning「/gamerule domobspawning false」を実行すると、モブが湧かなくなります。
doImmediateRespawn「/gamerule doImmediateRespawn true」を実行すると、ゲームオーバー画面が表示されず、即時リスポーンされるようになります。
doWeatherCycle「/gamerule doWeatherCycle false」を実行すると、天候が変わらなくなります。
doDaylightCycle「/gamerule doDaylightCycle false」を実行すると、時間が進まなくなります。
commandblockoutput「/gamerule commandblockoutput false」を実行すると、コマンドブロックの実行結果を通知しなくなります。

なお、「doMobSpawning」を「false」に変更するだけでは、ワールド生成時に湧いたモブは消えません。

そのままにしておくとPvPの邪魔になるので、以下のコマンドもあわせて実行してください。

/kill @e[type=!minecraft:player]

画像:モブをキルするコマンド

何度か実行して、「エンティティが見つかりませんでした」と表示されたらOKです。

画像:エンティティが見つかりませんでした

ステップ5:スコアボードを設定する

次に、「スコアボードコマンド」を設定して、キル数の自動カウント機能を実装する準備を進めます。

STEP1
スコアボードを追加する

キーボードの/、もしくはTを押して、チャット欄を開きましょう。

画像:チャット欄

続いて、「キル数」という名称のスコアボードを追加します。

以下のコマンドを実行してください。

/scoreboard objectives add kill dummy "キル数"

画像:「dummy」コマンド
STEP2
スコアボードを表示する

以下のコマンドを実行して、先ほど追加したスコアボードを画面に表示しましょう。

/scoreboard objectives setdisplay sidebar kill

画像:「sidebar」コマンド

画面の右側に「キル数」と表示されたらOKです。

画像:「キル数」と表示されたらOK

ステップ6:コマンドブロックを設置する

最後に、キル数の自動カウント機能を付与した、コマンドブロックを設置します。

簡潔に言えば、プレイヤーの死亡時にドロップする「経験値オーブ」を活用した機能です。
敵がドロップした経験値オーブの近くにいると、スコアが加算されます。

画像:自動カウント機能の説明

以下、機能を実装する手順です。

補足

コマンドブロックは、「クリエイティブモード」のときのみ扱えます。

前もって「クリエイティブモード」に変えておきましょう。

STEP1
コマンドブロックを入手する

はじめに、コマンドブロックを入手します。

OP権限を持った状態で、以下のコマンドを実行しましょう。

▼Java版

/give プレイヤー名 minecraft:command_block

▼統合版

/give プレイヤー名 command_block

画像:コマンドブロックを生成する
STEP2
コマンドブロックを設置する

以下の画像と同様に、コマンドブロックを4つ設置します。

画像:コマンドブロックを4つ設置する

模様の向きが一つでも違うと、上手くコマンドが作動しないので注意してください。

STEP3
コマンドを付与する

続いて、それぞれのブロックにコマンドを付与していきます。

まずは、左下のブロックの前で右クリックを押して、以下のコマンドを入力しましょう。

▼Java版

xp add @a -100 levels

▼統合版

xp -100L @a

これは、全プレイヤーのレベルをはく奪するコマンドです。
画像のとおり、「インパルス」は「リピート」に、「動力が必要」は「常時実行」に変えてください。

画像:コマンドブロックの編集画面②

次は、左上のブロックです。
右クリックを押したあと、以下のコマンドを入力します。

▼Java版

xp add @a 1 levels

▼統合版

xp 1L @a

これは、全プレイヤーに1レベルだけ付与するコマンドです。
「インパルス」は「チェーン(鎖)」に、「動力が必要」を「常時実行」に変えましょう。

画像:コマンドブロックの編集画面②

右下のブロックに移って、以下のコマンドを入力してください。

▼Java版

execute as @e[type=minecraft:experience_orb] at @s run scoreboard players add @p kill 1

▼統合版

execute as @e[type=xp_orb] at @s run scoreboard players add @p kill 1

これは、経験値オーブの近くにいるプレイヤーに、スコアを加算するコマンドです。
「リピート」「無条件」「常時実行」でセットしましょう。

画像:コマンドブロックの編集画面③

右上のブロックには、以下のコマンドを入力します。

▼Java版

kill @e[type=minecraft:experience_orb]

▼統合版

kill @e[type=xp_orb]

これは、スコアを加算したあと、経験値オーブを削除するコマンドです。
「チェーン(鎖)」「条件付き」「常時実行」でセットしてください。

画像:コマンドブロックの編集画面④
STEP4
PvPを遊んでみる

動作確認のため、PvPを遊んでみましょう。

敵を倒して、「kill数」にスコアが加算されれば、PvPサーバーの構築は完了です!

画像:スコアが加算されればOK

【Java版のみ】プラグインを使ったPvPサーバーの立て方

ここでは、プラグインを使った、PvPサーバーの立て方を解説します。

今回は、「キットPvP」が遊べるサーバーを立ててみましょう。

アサダ

「キットPvP」については、こちらで解説しています!

そのほか、この記事で紹介する手順の環境は、以下のとおりです。

手順の環境
  • OS:Windows10
  • バージョン:1.19.3
  • サーバープログラム:PaperMC
  • 使用するプラグイン:KitPvP

ステップ1:プラグインサーバーを立てる

まずは、プラグインサーバーを立てる必要があります。

以下、弊社の『Xserver for Game』に備わる、「Minecraft(Paper)」というテンプレートを使用したプラグインサーバーの立て方です。

プラグインサーバーの立て方
  1. Xserverアカウントを作成する
  2. 「Minecraft(Paper)」のイメージタイプ(バージョン1.19.3)を選択する
  3. お申し込み内容を確認してお支払いする
  4. ゲームパネルで『PaperMC』がインストールされているか確認する

詳しくは、以下記事の「テンプレートでプラグインサーバーを構築する手順」をご覧ください。

ステップ2:KitPvPをダウンロードする

この記事では、『KitPvP』というプラグインを使用して、PvPサーバーを構築します。

KitPvPとは

PvPに必要な機能が詰まったプラグインです。
「スコアボードの表示」「スキルの作成」「キットの作成」など、さまざまな機能が備わっています。

こちらのページにアクセスして、『KitPvP』をダウンロードしてください。

右上のDowload Nowをクリックしましょう。

画像:「Download Now」をクリックする

ダウンロードが完了したら、分かりやすいようにデスクトップに移動しておいてください。

画像:デスクトップに移動しておく

ステップ3:KitPvPを導入する

ダウンロードした『KitPvP』を『Xserver for Game』に導入します。

STEP1
マインクラフトマネージャーにアクセスする

ゲームパネル」にアクセスしたあと、「マインクラフトマネージャー」をクリックしましょう。

画像:「マインクラフトマネージャー」をクリックする

認証画面が表示されるので、お申し込み後に届くメールを確認して、記載されている「ユーザー名」と「パスワード」を入力してください。

画像:認証画面

認証が完了したらOKです。

画像:マインクラフトマネージャー
STEP2
マインクラフトサーバーを停止する

以下のとおり、「マインクラフトサーバー」の停止をクリックします。

画像:「停止」をクリックする
STEP3
KitPvPを導入する

上部の「プラグイン」タブをクリックしてください。

画像:「プラグイン」タブ

プラグイン追加をクリックします。

画像:「プラグイン追加」をクリックする

ファイルを選択をクリックしたあと、『KitPvP』をアップロードしましょう。

画像:「ファイルを選択」をクリックする

続いて、追加をクリックします。

画像:「追加」をクリックする

『KitPvP』が導入されていればOKです。

画像:「KitPvP」が導入されていればOK
STEP4
マインクラフトサーバーを起動する

「バージョン/各種設定」タブをクリックして、先ほどの画面に戻ります。

「マインクラフトサーバー」の起動をクリックしましょう。

画像:「起動」をクリックする

以上で、『KitPvP』の導入は完了です。

ステップ4:PvP用のアリーナを作る

ワールドに接続して、PvP用のアリーナを作っていきます。

この記事では、以下のようなアリーナを作成しました。

画像:アリーナ

アサダ

PvPのスタイルなどに応じて、遊びやすいアリーナを作りましょう!

作成後、アリーナ内にリスポーン地点を指定します。

リスポーンしたい場所に立って、以下のコマンドを実行してください。

/kp addspawn

画像:リスポーン地点を指定する

これでキルされても、すぐにアリーナ内にリスポーンするようになりました。

リスポーン地点を指定したら、一度ワールドから退出して再接続しましょう。

右側にスコアボードが表示されればOKです。

画像:スコアボード

ステップ5:キットを選択する

『KitPvP』では、「キット」と呼ばれる職業に応じた装備やアイテムを駆使して戦います。

アイテムスロットに自動で追加される、宝箱を右クリックで開いてください。

画像:宝箱を開く

以下のとおり、デフォルトの状態だと14種類の職業から選択できます。

画像:職業の一覧
職業説明
Fighter Kit鉄の剣と防具を装備したキット。
移動速度や回復速度が上昇する「Health Pack」が使える。
Archer Kit弓矢と鎖の防具を装備したキット。
火の矢が撃てる。
Tank Kit木の剣とダイヤの防具を装備したキット。
移動速度が上昇する「Speed Boost」が使える。
Soldier Kit鉄の剣と皮の防具を装備したキット。
銃が撃てる。
Bomber Kit鉄の剣と皮の防具を装備したキット。
歩いた場所にTNT爆弾を設置できる。
Kangaroo Kit鉄の剣と皮の防具を装備したキット。
高くジャンプできる。
Warper Kit鉄の剣と皮の防具を装備したキット。
瞬間移動ができる。
Witch Kit鉄の剣と皮の防具を装備したキット。
いろいろなポーションが使える。
Ninja Kit木の剣と鎖の防具を装備したキット。
自分の姿を透明にできる。
Thunderbolt Kit金の剣と皮の防具を装備したキット。
敵に向かって雷を落とせる。
Vampire Kit鉄の剣と皮の防具を装備したキット。
敵のライフを奪って回復できる。
Rhino Kit鉄の剣と皮の防具を装備したキット。
移動速度や攻撃力が上昇する「Stampede」が使える。
Trickster Kit石の剣と皮の防具を装備したキット。
自分と敵の位置を入れ替えられる。

任意の職業にカーソルを当て、左クリックを押してください。

画像:職業の選択

あとは、思い思いにPvPを楽しみましょう!

ルールを決めて平和なPvPサーバーを運営しよう

PvPサーバーは戦って遊ぶ性質上、ズルをしたり暴言を吐いたりするプレイヤーが出てきやすいです。

誰もが安心して楽しめる環境づくりのため、PvPサーバーの運営ではルールを決めておきましょう。

具体的には、以下のようなルールを設けるのがおすすめです。

PvPサーバーのルール例
  • チートやツールは使用しない
  • 暴言や嫌がらせなどの迷惑行為を禁止する
  • バグや不具合は悪用しない
  • 他参加者のアイテムを盗まない

もしルールを破られた場合は、「kickコマンド」や「banコマンド」を使って対処してください。

kickコマンドとは

指定のプレイヤーを一時的にサーバーから追い出すコマンドです。
ルール違反者への「警告」に使えます。

banコマンドとは

指定のプレイヤーをサーバーから追い出し、出入り禁止にするコマンドです。
ルール違反者への「処罰」に使えます。

ちなみに、以下の記事ではサーバーの運営に必要なルールを紹介しています。

PvPサーバーのルールを決めるヒントになるかもしれないので、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

今回は対人戦が楽しめる、PvPサーバーの立て方を解説しました。

以下、PvPサーバーを構築する手順のおさらいです。

【プラグインなし】PvPサーバーの立て方
  1. サーバーを立てる
  2. コマンドブロックを有効にする
  3. PvP用のアリーナを作る
  4. ゲームルールを変更する
  5. スコアボードを設定する
  6. コマンドブロックを設置する
【プラグインあり】PvPサーバーの立て方
  1. プラグインサーバーを立てる
  2. KitPvPをダウンロードする
  3. KitPvPを導入する
  4. PvP用のアリーナを作る
  5. キットを選択する

PvPサーバーを立てれば、新たなマイクラの世界に飛び込めます。

この記事を参考にPvPサーバーを立てて、ぜひ友達や家族と白熱した対戦を楽しんでください!

以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

キャンペーン開催中

レンタルサーバーの国内シェアNo.1※サービス「エックスサーバー」が提供する「Xserver for Game」では、2024年4月30日12時まで、利用料金最大60%キャッシュバックキャンペーンを開催中です!

今なら実質月額415円~お得にマイクラサーバーが立ち上げられます!
高性能CPUや高速ストレージなどを備え、サクサク遊べるマルチプレイ環境を構築可能。

なかでも、より快適にマルチプレイを遊べる8GB以上のプランがお得です!

【4月30日まで】利用料金最大60%キャッシュバックキャンペーンはこちら!

ぜひこのお得な機会にマイクラサーバーの立ち上げをご検討ください!

※2023年10月時点、W3Techs 調べ。

マイクラサーバー以外でも使いたい方へ

マイクラ用マルチサーバーだけでなく、アプリやシステム開発、ブログの執筆、サーバー構築など、さまざまな用途に使いたい方は「Xserver VPS」がおすすめ!

今なら月額664円~圧倒的ハイスペックなVPS環境を構築できます!
さらに初期費用は無料です。

【5月7日まで】利用料金最大20%オフキャンペーンはこちら!

ぜひこのお得な機会にマイクラサーバーの立ち上げをご検討ください!

以下の記事では初心者でも簡単にマイクラサーバーを立ち上げられる方法を紹介しています。検討されている方は、ぜひご覧ください。

URLをコピーしました!