【マイクラ】サーバーの起動方法!よくあるトラブルへの対処法も解説

マイクラのサーバーは構築できたものの、「起動方法が分からない……」とお困りではありませんか?

起動方法は、大きく「自宅サーバー」か「VPSに構築したサーバー」かで異なります。
さらに、マイクラサーバーの種類によっても、起動方法は少し変わるので注意が必要です。

そこで今回は、さまざまな環境ごとに、サーバーの起動方法を解説します。

アサダ

この記事は次のような人におすすめ!

  • 初めてマイクラサーバーを立てた
  • サーバーの起動方法が分からない
  • サーバーが起動できない

この記事では、オプション付きでサーバーを起動する方法や、よくあるトラブルへの対処法も解説しています。

現在、何らかのトラブルでサーバーの起動に苦戦している方も、ぜひチェックしてください。

それではどうぞ。

基本的なサーバーの起動方法

まずは、「自宅サーバー」と「VPSに構築したサーバー」に分けて、基本的な起動方法を解説します。

自宅サーバーを起動する手順

以下、自宅サーバーの起動手順です。

アサダ

MODサーバーやプラグインサーバーなど、サーバーの種類によってクリックするファイルや起動後の画面が少し異なります。

種類ごとに異なる箇所については、都度解説するのでご安心ください!

STEP1
サーバープログラムが入っているフォルダを開く

はじめに、サーバープログラムを格納しているフォルダを開きましょう。

STEP2
サーバープログラムをダブルクリックする

自宅サーバーは、サーバープログラムをダブルクリックすることで起動します。

以下を参考に、自分の環境と同じサーバープログラムをダブルクリックしてください。

サーバーの種類サーバープログラム
通常のマイクラサーバー(Java版)server.jar
通常のマイクラサーバー(統合版)bedrock_server.exe
MODサーバー(※1)run.bat
プラグインサーバー(※2)paper-〇〇〇.jar(※3)
※1 『Minecraft Forge』で構築したMODサーバー
※2 『PaperMC』で構築したプラグインサーバー
※3 バージョンによって「〇〇〇」の部分は異なります
STEP3
起動を確認する

通常のマイクラサーバー(Java版)、MODサーバー、プラグインサーバーでは、以下のような画面が表示されたらOKです。

画像:白いコンソール画面

通常のマイクラサーバー(統合版)の場合は、起動が成功すると、黒いコンソール画面とともに「Server started.」と表示されます。

画像:黒いコンソール画面

VPSに構築したサーバーを起動する手順

今回は弊社の『Xserver for Game』を例に、VPSに構築したサーバーの起動手順を解説します。
※『Xserver VPS』でも手順は同じです。

メモ

『Xserver for Game』『Xserver VPS』では、「Minecraft」のアプリイメージを選択すると、サーバーが自動で起動する仕組みになっています。

そのため、以下で紹介する手動での起動は必要ありません。

STEP1
ゲームパネルにアクセスする

『Xserver for Game』のゲームパネルにアクセスしましょう。

画像:ゲームパネル
STEP2
コンソールにログインする

画面右上のコンソールをクリックしてください。

画像:コンソールをクリックする

コンソール画面が開いたら、「root」と入力してEnterを押します。

「Password:」と表示されるので、ご契約時に設定した「rootパスワード」を入力してください。

画像:rootパスワードを入力する

アサダ

「rootパスワード」は画面上に表示されませんが、しっかりと入力されています。

以下の画面になったら、ログインは成功です。

画像:ログイン成功後の画面
STEP3
サーバープログラムが入っているディレクトリにアクセスする

「cdコマンド」を使い、サーバープログラムを格納しているディレクトリにアクセスしましょう。

cdコマンドとは

作業中のディレクトリを移動するコマンドのこと。

コンソールに、以下のコマンドを入力します。

cd /opt/minecraft/server

画像:cdコマンドを入力する

なお、上記のコマンドはあくまでも一例です。

自分の環境に合わせ、「cd」以降のコマンドは変えてください。

STEP4
起動コマンドを実行する

サーバープログラムのディレクトリにアクセスしたら、起動コマンドを実行します。

表を見ながら、自分の環境に合った起動コマンドを実行しましょう。

サーバーの種類サーバープログラム
通常のマイクラサーバー(Java版)java -jar server.jar
通常のマイクラサーバー(統合版)LD_LIBRARY_PATH=. ./bedrock_server
MODサーバー(※1)sh run.sh
プラグインサーバー(※2)java -jar paper-〇〇〇.jar(※3)
※1 『Minecraft Forge』で構築したMODサーバー
※2 『PaperMC』で構築したプラグインサーバー
※3 バージョンによって「〇〇〇」の部分は異なります
画像:起動コマンドを実行する
STEP5
起動を確認する

通常のマイクラサーバー(Java版)、MODサーバー、プラグインサーバーでは、起動が成功すると、「Done ! For help, type “help”」と表示されます。

画像:起動成功後の画面

通常のマイクラサーバー(統合版)の場合は、「Server started.」と表示されたらOKです。

画像:起動成功後の画面(統合版)

オプション付きでサーバーを起動する方法

マイクラサーバーは、メモリ量を指定したり、ボーナスチェストを生成したりなど、オプションを付けて起動することもできます。

それでは、「自宅サーバー」「VPSに構築したサーバー」ごとに、オプション付きでサーバーを起動する方法を見ていきましょう。

メモ

通常のマイクラサーバー(統合版)の場合、オプション付きでの起動はできません。

オプション付きで自宅サーバーを起動する手順

今回は、ボーナスチェストを生成するオプションを付けて、サーバーを起動してみます。

以下、オプション付きで自宅サーバーを起動する手順です。

STEP1
サーバープログラムが入っているフォルダを開く

まずは、サーバープログラムを格納しているフォルダを開いてください。

STEP2
バッチファイルを作成する

フォルダ内の何もないところを右クリックして、「新規作成」を選択します。

続けて、「テキストドキュメント」を選択しましょう。

画像:「テキストドキュメント」を選択する

次に、ファイル名を「run.bat」に変更します。

画像:ファイル名を「run.bat」に変更する

注意のポップアップが表示されたら、はいをクリックしてください。

画像:「はい」をクリックする

アサダ

MODサーバーの場合は、すでにバッチファイルが用意されているので、ここの手順は飛ばしてOKです!

STEP3
バッチファイルを編集する

「run.bat」を右クリックして、編集を選択します。

画像:「run.bat」を「編集」する

ファイルが開いたら、以下の表を参考にコードを入力しましょう。

サーバーの種類サーバープログラム
通常のマイクラサーバー(Java版)java -jar server.jar --bonusChest
MODサーバー(※1)java -jar forge-〇〇〇.jar --bonusChest(※3)
プラグインサーバー(※2)java -jar paper-〇〇〇.jar --bonusChest(※3)
※1 『Minecraft Forge』で構築したMODサーバー
※2 『PaperMC』で構築したプラグインサーバー
※3 バージョンによって「〇〇〇」の部分は異なります
画像:コードの入力

コードを入力したら、Ctrl + Sでファイルを保存してください。

STEP4
バッチファイルをダブルクリックする

あとはバッチファイルをダブルクリックすれば、オプション付きでサーバーを起動できます。

画像:バッチファイルをダブルクリックする

以下のとおり、白いコンソール画面が表示されたらOKです。

画像:白いコンソール画面

オプション付きでVPSに構築したサーバーを起動する手順

引き続き『Xserver for Game』を例に、ボーナスチェストを生成するオプション付きの起動手順を解説します。
※『Xserver VPS』でも手順は変わりません。

STEP1
コンソールにログインする

はじめに、『Xserver for Game』のゲームパネルからコンソールにログインします。

画像:ログイン後のコンソール画面

詳しい手順は、こちらをご覧ください。

STEP2
自動起動プログラムにアクセスする

『Xserver for Game』には、サーバーが自動で起動するプログラムが組み込まれています。

しかし、自動起動プログラムにオプションのコマンドは含まれていません。

そのため、オプション付きでサーバーを起動するには、自動起動プログラムを編集する必要があります。

以下のコマンドを入力して、自動起動プログラムにアクセスしましょう。

nano /etc/systemd/system/minecraft-server.service

画像:自動起動プログラムにアクセスするコマンド

Enterを押して、以下の画面に変わったらOKです。

画像:自動起動プログラムの編集画面
STEP3
自動起動プログラムを編集する

以下のとおり、「ExecStart」の末尾に「--bonusChest」を追記します。

画像:コマンドを追記する

追記したら、Ctrl + Xを押してください。

「Save modified buffer?(変更を保存しますか?)」と聞かれるので、「Y」のあとEnterを押して、自動起動プログラムを保存しましょう。

画像:自動起動プログラムを保存する
STEP4
ワールドを再生成する

ボーナスチェストは、ワールドの新規作成時に生成されます。

オプション付きの起動コマンドを適用するため、一度ワールドを作り直しましょう。

メモ

『Xserver for Game』では、ご契約と同時にワールドが生成されます。
自動起動プログラムにオプションを追加しても、すでにワールドが生成されているため、作り直す必要があるのです。

コンソールに以下のコマンドを入力して、Enterを押してください。

rm -r /opt/minecraft/server/world

画像:World削除のコマンド
STEP5
サーバーを再起動する

最後に、サーバーを再起動します。

ゲームパネルに戻り、右上の電源操作をクリックしましょう。

画像:「電源操作」をクリックする

続いて、再起動をクリックしてください。

画像:「再起動」をクリックする

サーバーに接続してみて、ボーナスチェストが生成されていればOKです。

画像:ボーナスチェストが生成されていればOK

アサダ

オプションを外したくなったら、同様の手順で自動起動プログラムを編集して、追加したコマンドを削除してください!

オプションの一覧

以下は、よく使う起動オプションを抜粋した一覧表です。

オプション説明
-Xmx〇G -Xms〇Gマイクラサーバーのメモリ量を指定するjava -Xmx1G -Xms1G -jar server.jar
--bonusChest初期スポーン付近にボーナスチェストを生成するjava -jar server.jar --bonusChest
--noguiサーバーの起動時にGUI画面を開かないjava -jar server.jar --nogui
--safeModeデータパックの読み込みを無効化するjava -jar server.jar --safeMode
--world [フォルダ名]ワールドデータを格納しているフォルダ名を指定するjava -jar server.jar --world [フォルダ名]

ちなみに、サーバーのメモリ量を指定する方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

気になる方は、ぜひあわせてご覧ください。

よくあるトラブルと対処法2つ

ここでは、サーバーが起動しないトラブルと対処法を2つ紹介します。

よくあるトラブルと対処法2つ
  • jarファイルを開けない
  • 起動成功のテキストが表示されない

jarファイルを開けない

「server.jar」や「paper.〇〇〇.jar」など、jar形式のファイルをダブルクリックしても開けない場合は、PCに「JDK」がインストールされていない可能性が高いです。

JDKとは

Java言語のプログラムを実行するために必要なツールのこと。

JDKがインストールされていないと、jarファイルは以下のような白いアイコンで表示されます。

画像:JDKがインストールされていないときのjarファイル

jarファイルが白いアイコンで表示されている方は、PCにJDKをインストールしましょう。

アサダ

通常のマイクラサーバー(統合版)は、Java言語で作られていないため、JDKは必要ありません。

起動成功のテキストが表示されない

ファイルは開けても、「Done ! For help, type “help”」のテキストが表示されない場合は、「EULA」への同意が済んでいないおそれがあります。

EULAとは

「End-User License Agreement」の略称で、和訳は「ソフトウェア使用許諾契約」です。
ソフトウェアの使用に関して、提供元とユーザーの間で交わされる契約のことを言います。

通常のマイクラサーバー(Java版)、MODサーバー、プラグインサーバーは、「EULA」に同意しないと起動しません。

以下を参考に、「EULA」への同意を済ませてから、サーバーの起動を試してみてください。

EULAに同意する手順
  1. サーバープログラムが格納されているフォルダを開く
  2. 「eula.txt」というファイルをメモ帳などで開く
  3. 「false」の部分を「true」に書き換える
  4. ファイルを「Ctrl + S」で保存する

まとめ

今回は、サーバーの起動方法やトラブルへの対処法を解説しました。

以下、サーバーを起動する手順のおさらいです。

【基本】自宅サーバーの起動手順
  1. サーバープログラムが入っているフォルダを開く
  2. サーバープログラムをダブルクリックする
  3. 起動を確認する
【基本】VPSに構築したサーバーの起動手順
  1. ゲームパネルにアクセスする
  2. コンソールにログインする
  3. サーバープログラムが入っているディレクトリにアクセスする
  4. 起動コマンドを実行する
  5. 起動を確認する
【オプション付き】自宅サーバーの起動手順
  1. サーバープログラムが入っているフォルダを開く
  2. バッチファイルを作成する
  3. バッチファイルを編集する
  4. バッチファイルをダブルクリックする
【オプション付き】VPSに構築したサーバーの起動手順
  1. コンソールにログインする
  2. 自動起動プログラムにアクセスする
  3. 自動起動プログラムを編集する
  4. ワールドを再生成する
  5. サーバーを再起動する

サーバーを起動する方法は、環境ごとに異なります。

この記事を参考にしつつ、自分の環境に置き換えて、サーバーの起動にチャレンジしてみてください。

以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

キャンペーン開催中

レンタルサーバーの国内シェアNo.1※サービス「エックスサーバー」が提供する「Xserver for Game」では、2024年4月30日12時まで、利用料金最大60%キャッシュバックキャンペーンを開催中です!

今なら実質月額415円~お得にマイクラサーバーが立ち上げられます!
高性能CPUや高速ストレージなどを備え、サクサク遊べるマルチプレイ環境を構築可能。

なかでも、より快適にマルチプレイを遊べる8GB以上のプランがお得です!

【4月30日まで】利用料金最大60%キャッシュバックキャンペーンはこちら!

ぜひこのお得な機会にマイクラサーバーの立ち上げをご検討ください!

※2023年10月時点、W3Techs 調べ。

マイクラサーバー以外でも使いたい方へ

マイクラ用マルチサーバーだけでなく、アプリやシステム開発、ブログの執筆、サーバー構築など、さまざまな用途に使いたい方は「Xserver VPS」がおすすめ!

今なら月額664円~圧倒的ハイスペックなVPS環境を構築できます!
さらに初期費用は無料です。

【5月7日まで】利用料金最大20%オフキャンペーンはこちら!

ぜひこのお得な機会にマイクラサーバーの立ち上げをご検討ください!

以下の記事では初心者でも簡単にマイクラサーバーを立ち上げられる方法を紹介しています。検討されている方は、ぜひご覧ください。

執筆:ひきこもろん
編集:アサダ

URLをコピーしました!