【Java版/統合版】ワールドデータをサーバーに移行する方法

今まで遊んでいたワールドでマルチプレイしたい!」と考える方は多いのではないでしょうか。

サーバーにデータを移行すれば、これまでと同じワールドでのマルチプレイが可能。
ただ、どうすればワールドデータをサーバーに移行できるのか、なかなかイメージできないですよね。

そこで今回は、「自宅サーバー」と「VPSに構築したサーバー」にワールドデータを移行する方法を解説します。

アサダ

この記事は次のような人におすすめ!

  • 初めてサーバーを立てた
  • 今まで遊んでいたワールドでマルチプレイしたい
  • ワールドデータをサーバーに移行する方法が分からない

この記事を読めば、サーバーにデータを移行する方法が分かり、慣れ親しんだワールドでマルチプレイを遊べるようになりますよ!

それではどうぞ。

メモ

ゲーム機の場合、『Realms』以外のサーバーにはワールドデータを移行できません。

この記事では主にPCのユーザーを対象に、ワールドデータの移行方法を解説します。

バックアップを取っておこう

ワールドデータの移行に失敗すると、サーバーが起動しなくなるおそれがあります。

万が一に備え、事前にバックアップを取っておきましょう。

自宅サーバーとVPSに構築したサーバーで、バックアップを取る手順は以下のとおりです。

自宅サーバーの場合
  1. サーバーを停止する
  2. バックアップ用のフォルダを作成する
  3. サーバープログラムを格納しているフォルダを開く
  4. フォルダ内をすべてコピーする
  5. バックアップ用のフォルダにペーストする
VPSに構築したサーバーの場合
  1. ゲームパネルにアクセスする
  2. マインクラフトマネージャーにアクセスする
  3. 「バックアップ」のタブをクリックする
  4. 「手動バックアップ」をクリックする
  5. 任意のバックアップ名を入力する
  6. 「作成」をクリックしてバックアップを作成する

詳しい手順は、以下の記事をご覧ください。

【事前準備】ワールドデータをコピーしよう

事前準備として、サーバーに移行するワールドデータをコピーしていきます。
※Windows10での手順

STEP1
「ファイル名を指定して実行」を開く

ワールドデータが入っているフォルダにアクセスするため、Windowsキー + Rを押して「ファイル名を指定して実行」を開きましょう。

画像:ファイル名を指定して実行
STEP2
ワールドデータをコピーする

以下は、Java版と統合版のワールドデータの保存場所(パス)です。

Java版

%appdata%\.minecraft\saves

統合版

%localappdata%\Packages\Microsoft.MinecraftUWP_8wekyb3d8bbwe\LocalState\games\com.mojang\minecraftWorlds

自分のエディションのパスをコピーして、「ファイル名を指定して実行」にペーストしたあとOKをクリックします。

画像:ファイル名を指定して実行(パスの入力後)

フォルダが開くので、ワールドデータをコピーしましょう。

コピーしたら、分かりやすいようにデスクトップにペーストしておいてください。

画像:ワールドデータのフォルダ

ワールドデータをサーバーに移行する方法

それでは、自宅サーバーとVPSに構築したサーバーで、ワールドデータを移行する手順を紹介します。
※Windows10での手順

自宅サーバーの場合

自宅サーバーにワールドデータを移行する手順は、以下のとおりです。

STEP1
フォルダ名を変更する

自宅サーバーではデータを移行したあと、そのワールドをサーバーが読み込むよう、「server.properties」の記述を編集する必要があります。
※詳しくは後述します。

server.propertiesとは

サーバーの設定内容が記述されたファイルのこと。

ただ、もしワールドデータのフォルダ名が日本語だと、正常に読み込まれません。

そのため、移行するワールドデータのフォルダ名を「半角英数字」に変更しておきましょう。

なお、「world」というフォルダ名に変更するのは避けてください。

デフォルトのワールドを格納するフォルダ名が「world」のため、エラーが起きる可能性が高いです。

今回は、「local world」というフォルダ名に変更しました。

画像:ワールドデータのフォルダ(名称の変更)
STEP2
サーバーを停止する

サーバーの起動中にワールドデータを移行すると、動かなくなるなどのトラブルが生じるおそれがあります。

ワールドデータの移行前に、サーバーを停止しておきましょう。

まずは、サーバーのコンソールを開いてください。

画像:Javaサーバーのコンソール

アサダ

Java版と統合版でコンソールの画面は異なりますが、手順は同じです!

「stop」コマンドを入力したら、Enterを押します。

画像:Javaサーバーのコンソール(stopコマンド)

コンソールのウィンドウが自動で閉じたらOKです。

STEP3
ワールドデータを移行する

Java版は「server.jar」、統合版は「bedrock_server.exe」を格納しているフォルダを開きます。

Java版の場合は、そのフォルダにワールドデータを移行すればOK。

画像:「server.jar」のフォルダ

統合版の場合は、「worlds」フォルダに移行しましょう。

画像:「bedrock_server.exe」のフォルダ
STEP4
「server.properties」を編集する

「server.properties」の「level-name」という項目を書き換えて、サーバーの起動時に移行したワールドデータを読み込むように設定します。

「server.properties」をメモ帳で開きましょう。

デフォルトだと、「level-name」にはJava版の場合「world」、統合版の場合「Bedrock level」と記載されています。

Java版

画像:server.properties(Java版)

統合版

画像:server.properties(統合版)

ここを先ほど移行したワールドデータのフォルダ名に変更しましょう。

Java版

画像:server.properties(Java版)

統合版

画像:server.properties(統合版)

変更後、Ctrl + Sでファイルを保存してください。

STEP5
サーバーに接続して確認する

無事に移行したワールドデータでサーバーが起動していれば完了です!

VPSに構築したサーバーの場合

続いて、弊社の『Xserver for Game』を例に、VPSに構築したサーバーにワールドデータを移行する手順を紹介します。
※『Xserver VPS』でも手順は変わりません。

STEP1
ワールドデータをzipファイルに変換する

『Xserver for Game』にワールドデータを移行するには、フォルダをzipファイルに変換する必要があります。

ワールドデータを右クリックして「送る」を選択したあと、圧縮(zip形式)フォルダーをクリックしましょう。

画像:フォルダのzip化
STEP2
マインクラフトマネージャーにアクセスする

『Xserver for Game』では、「マインクラフトマネージャー」というツールを使うことで、簡単にワールドデータを移行できます。

マインクラフトマネージャーとは

クリック操作だけで、サーバーの設定や管理ができるツールのこと。

ゲームパネルにアクセスしたあと、マインクラフトマネージャーをクリックしてください。

画像:マインクラフトマネージャー

認証画面が表示されたら、ご契約後に届くメールを確認して、「マインクラフトマネージャー」の「ユーザー名」と「パスワード」を入力しましょう。

画像:マインクラフトマネージャーの認証画面

認証が完了すれば、マインクラフトマネージャーにアクセスできます。

画像:マインクラフトマネージャー
STEP3
ワールドデータを移行する

「ワールドマップ」の再生成をクリックしてください。

画像:「ワールドマップ」の「再生成」をクリックする

配布ワールドにチェックを入れます。

画像:「配布ワールド」にチェックを入れる

ファイルを選択をクリックして、先ほどzip化したワールドデータを選択しましょう。

画像:ワールドデータのアップロード

アップロードが完了したら、適用するをクリックしてください。

画像:「適用する」をクリックする
STEP4
サーバーに接続して確認する

サーバーに接続して、無事にワールドデータを移行できているか確認してみましょう。

以下、『Xserver for Game』のサーバーに接続する手順です。

【Java版】サーバーへの入り方
  1. 「ゲームパネル」でIPアドレスを確認する
  2. マイクラを起動する
  3. 「マルチプレイ」をクリックする
  4. 「サーバーを追加」をクリックする
  5. 任意のサーバー名、IPアドレスを入力する
  6. 「完了」をクリックする
  7. 追加したサーバーを選択して、「サーバーに接続」をクリックすれば完了!
【統合版】サーバーへの入り方
  1. 「ゲームパネル」でIPアドレスを確認する
  2. マイクラを起動する
  3. 「遊ぶ」をクリックする
  4. 「サーバー」タブの「サーバーを追加」をクリックする
  5. 任意のサーバー名、IPアドレスを入力する
  6. 「保存」をクリックする
  7. 追加したサーバーを選択して、「サーバーに参加」をクリックすれば完了!

※詳しくは、以下の記事で解説しています。

移行したワールドを確認できれば完了です!

スマホのワールドをVPSに移行する方法

「スマホのワールドをサーバーに移行してマルチプレイを遊びたい」という方もいるかもしれません。

引き続き『Xserver for Game』を例に、スマホ(iPhone)のワールドをVPSに移行する手順を紹介します。

STEP1
ワールドデータをzipファイルに変換する

まずは、スマホのワールドをzipファイルに変換します。

「ファイル」アプリを開いてください。

画像:「ファイル」アプリ

「検索」のところに「minecraftWorlds」と入力して、表示されたフォルダをタップします。

画像:表示されたフォルダをタップ

ワールドデータの一覧が表示されるので、任意のフォルダを長押ししましょう。
続けて、圧縮をタップしてください。

画像:「圧縮」をタップ

zipファイルが生成されたらOKです。

画像:zipファイル
STEP2
マインクラフトマネージャーにアクセスする

VPSに構築したサーバーの場合を参考に、マインクラフトマネージャーにアクセスしてください。

STEP3
ワールドデータを移行する

「ワールドマップ」の「再生成」をタップしたら、配布ワールドにチェックを入れましょう。

「ファイルを選択」のあと、続けてファイルを選択をタップします。

画像:「ファイルを選択」をタップ

ファイルのアップロード後、適用するをタップしてください。

画像:「適用する」をタップ
注意

スマホのマイクラは統合版です。
「Minecraft(Java)」のアプリイメージをご利用中の場合、スマホのワールドをアップロードするとエラーが生じます。

事前に「アプリ再インストール」で、「Minecraft(統合版)」のアプリイメージに変更しておきましょう。

※アプリ再インストールの手順は、以下のマニュアルを参考にしてください。
『Xserver for Game』マニュアル「アプリ再インストール」

STEP4
サーバーに接続して確認する

サーバーに接続して、無事にワールドを移行できていれば完了です!

まとめ

今回は、「自宅サーバー」と「VPSに構築したサーバー」に分けて、ワールドデータの移行方法を解説しました。

【自宅サーバー】ワールドデータの移行手順
  1. フォルダ名を変更する
  2. サーバーを停止する
  3. ワールドデータを移行する
  4. 「server.properties」を編集する
  5. サーバーに接続して確認する
【VPSに構築したサーバー】ワールドデータの移行手順
  1. ワールドデータをzipファイルに変換する
  2. マインクラフトマネージャーにアクセスする
  3. ワールドデータを移行する
  4. サーバーに接続して確認する

サーバーにワールドデータを移行すれば、シングルプレイの続きからマルチプレイを楽しめます。

事前にバックアップを取ってトラブルに対策しつつ、ぜひこの記事を見ながらワールドデータの移行にチャレンジしてみてください!

以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

キャンペーン開催中

レンタルサーバーの国内シェアNo.1※サービス「エックスサーバー」が提供する「Xserver for Game」では、2024年6月24日12時まで、利用料金最大半額キャッシュバックキャンペーンを開催中です!

今なら実質月額498円~お得にマイクラサーバーが立ち上げられます!
高性能CPUや高速ストレージなどを備え、サクサク遊べるマルチプレイ環境を構築可能。

なかでも、より快適にマルチプレイを遊べる8GB以上のプランがお得です!

【6月24日まで】利用料金最大半額キャッシュバックキャンペーンはこちら!

ぜひこのお得な機会にマイクラサーバーの立ち上げをご検討ください!

※2024年5月時点、W3Techs 調べ。

マイクラサーバー以外でも使いたい方へ

マイクラ用マルチサーバーだけでなく、アプリやシステム開発、ブログの執筆、サーバー構築など、さまざまな用途に使いたい方は「Xserver VPS」がおすすめ!

今なら月額664円~圧倒的ハイスペックなVPS環境を構築できます!
さらに初期費用は無料です。

【7月1日まで】利用料金最大20%オフキャンペーンはこちら!

ぜひこのお得な機会にマイクラサーバーの立ち上げをご検討ください!

以下の記事では初心者でも簡単にマイクラサーバーを立ち上げられる方法を紹介しています。検討されている方は、ぜひご覧ください。

URLをコピーしました!