【マイクラ】データパックの入れ方!ローカルとサーバーへの導入方法

データパックを入れてみたいけど、導入方法が分からない……」とお悩みではありませんか?

どうすればデータパックを導入できるのか、少し分かりにくいですよね。

そこで今回は、ローカルとサーバーにデータパックを導入する方法を解説します。

アサダ

この記事は次のような人におすすめ!

  • 自分好みの環境に改造したい
  • データパックの入れ方が分からない
  • おすすめのデータパックを知りたい

この記事を読めば、データパックの導入方法が分かり、より自分好みの環境でマイクラを楽しめますよ!

さらに記事の後半では、おすすめのデータパックも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

メモ

基本的に統合版のマイクラには、データパックを導入できません。

この記事では「Java版」を前提に、データパックの入れ方を解説します。

データパックとは

マイクラのデータパックとは、ゲームの進捗(実績)、ルートテーブル、クラフトのレシピ、建造物などを改造できる拡張プログラムのことです。

データパックは、ユーザーが制作する非公式のプログラム。
MODとは違い、一からデータを追加するのではなく、既存のプログラムやコマンドを改造してゲームを拡張します。

以下は、データパックの導入でできることです。

データパックの導入でできること
  • 新しい武器を追加する
  • すべてのモブをペットにする
  • 動物を敵モブ化させる
  • 魔法や工業の概念を追加する
  • モブの体力ゲージを表示する

MODに比べ、手軽にマイクラを改造できるところがデータパックの魅力。

「ちょっとプレイ環境を変えたい」という方は、ぜひデータパックを導入してみてください!

MODやリソースパックとの違い

マイクラの拡張プログラムには、「MOD」や「リソースパック」もあります。

MODとは

ゲーム性をガラッと変えられる拡張プログラムのこと。

リソースパックとは

テクスチャパックとも呼ばれ、ブロックのデザインやBGMなど、主にゲームの見た目を変えられる拡張プログラムのこと。

データパックと各々の違いを見ていきましょう。

MODとの違い

データパックとMODの違いは、主に以下の2つです。

データパックとMODの違い
  • サーバーに参加する条件
  • 拡張プログラムとしての特徴

まず、マルチプレイでMODを遊ぶには、参加者全員が同じMODを導入しておく必要があります。

一方でデータパックの場合、参加者側への導入は必要ありません。
サーバーに導入するだけで、マルチプレイ環境にデータパックを適用可能です。

また、MODはマイクラに存在しない要素を追加するのに対し、データパックは既存のプログラムを組み替えて改造します。

そのため、改造の自由度はMODのほうが高いです。

もし「ゲーム性をガラッと変えて遊びたい」という場合は、より改造の幅が広いMODを導入するのがおすすめですよ。

リソースパックとの違い

データパックとリソースパックの違いは、以下のとおりです。

データパックとリソースパックの違い
  • 対応しているエディション
  • 改造できる範囲

データパックはJava版にしか導入できない一方、リソースパックは統合版にも対応しています。

統合版でも気軽に改造できるところが、リソースパックの魅力です。

ただし、データパックと比べ、リソースパックは改造できる範囲が限定的。
ブロックのデザイン、効果音、BGMなど、主にゲームの見た目や音しか改造できません。

そのため、Java版で遊び方を大きく変えたいなら、データパックを導入しましょう。

【ローカル】データパックの入れ方

それでは、ローカル環境にデータパックを導入する方法を紹介します。

STEP1
データパックをダウンロードする

はじめに、配布サイトから任意のデータパックをダウンロードしましょう。

今回は空中にブロックを置けるようになる、『BlockPutterFeather』を例に手順を解説します。

こちらにアクセスして、ダウンロード(zip)をクリックしてください。

画像:「ダウンロード(zip)」をクリックする
STEP2
バージョンを合わせる

マイクラとデータパックのバージョンが異なると、正常に遊べないおそれがあります。

データパックに合わせて、マイクラのバージョンを変更しましょう。

以下、マイクラのバージョンを変更する手順です。

バージョンを変更する手順
  1. 「マインクラフトランチャー」を起動する
  2. 「起動構成」をクリックする
  3. 任意のバージョンを選択する
  4. 「保存」をクリックする
画像:バージョンの変更

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

STEP3
データパックを「datapacks」フォルダに格納する

「datapacks」フォルダに、先ほどダウンロードしたデータパックを格納します。

「Windowsキー + R」で「ファイル名を指定して実行」を開いたら、以下を貼り付けてEnterを押しましょう。

%appdata%\.minecraft\saves\

画像:ファイル名を指定して実行

「saves」フォルダが開くので、任意のワールドをダブルクリックしてください。

画像:任意のワールドを開く

次に、「datapacks」フォルダを開きます。

画像:「datapacks」フォルダを開く

ダウンロードしたデータパックを移動しましょう。

画像:データパックを移動する

以上で、データパックの導入は完了です。

STEP4
データパックが導入されているか確認する

最後に、無事データパックが導入されているかを確認しましょう。

ワールドにアクセスしたのち、以下のコマンドを入力してください。

/datapack list

画像:「/datapack list」コマンドを入力する

以下のとおり、ログに導入したデータパックが表示されたらOKです!

画像:ログにデータパックが表示されたらOK

ちなみに、ログには表示されるものの、データパックの反映が確認できない場合は、以下のコマンドを実行してみてください。

/reload

データパックが再度読み込まれます。

【サーバー】データパックの入れ方

この記事では、弊社の『Xserver for Game』を例にして、サーバーにデータパックを導入する手順を解説します。
※『Xserver VPS』でも手順は変わりません。

一つずつ見ていきましょう。

メモ

データパックとサーバーのバージョンが異なると、上手く遊べないおそれがあります。

それぞれのバージョンが合っているか、しっかり確認しておきましょう。

ステップ1:データパックをダウンロードする

まずは、データパックをダウンロードします。
※引き続き、例にするのは『BlockPutterFeather』です。

こちらにアクセスしたら、ダウンロード(zip)をクリックしましょう。

画像:「ダウンロード(zip)」をクリックする

ダウンロードが完了したらOKです。

ステップ2:Xserver for Gameにアップロードする

データパックをダウンロードしたら、『Xserver for Game』にアップロードしていきます。

STEP1
SSHクライアントをインストールする

『Xserver for Game』にデータをアップロードするためには、「SSHクライアント」が必要です。

SSHクライアントとは

遠隔でパソコンやサーバーを操作したり、ファイルを送ったりするためのソフトウェアのこと。

この記事では、『WSL』を使用します。

Windowsの場合、左下の「ここに入力して検索」に「cmd」と入力して、「管理者として実行」でコマンドプロンプトを開きましょう。

画像:「管理者として実行」でコマンドプロンプトを起動する

以下のコマンドを入力してください。

wsl –install

画像:「WSL」のインストール画面

『WSL』のインストールが完了したら、パソコンを再起動しましょう。

再起動後、『Xserver for Game』にデータをアップロードできるようになります。

メモ

Mac OSの場合は、すでにSSHクライアントが入っているため、別途インストールする必要はありません。

「ターミナル」を開いて、以降の手順を読み進めてください。

STEP2
転送コマンドを実行する

「管理者として実行」でコマンドプロンプトを開いて、以下を入力しましょう。

scp -r ①データパックのパス root@②サーバーのIPアドレス:/opt/minecraft/server/world/datapacks

これは、『Xserver for Game』上の「datapacks」フォルダに、ダウンロードしたデータパックを転送するコマンドです。

「①データパックのパス」には、ダウンロードしたデータパックのパスを入力してください。

デスクトップに置いている場合、データパックのパスは以下のとおりです。

パスの一例

C:\Users\ユーザー名\Desktop\データパックのフォルダ名

「②サーバーのIPアドレス」は、ゲームパネルで確認できます。

画像:IPアドレスの確認方法

それぞれ上記のコマンドに当てはめたら、コマンドプロンプトで実行しましょう。

画像:転送コマンドを入力する

「Are you sure you want to continue connecting?(本当に接続を続けますか?)」と聞かれるので、「yes」のあとEnterを押してください。

画像:接続を続ける

続いて、『Xserver for Game』のご契約時に設定した「rootパスワード」を入力します。

画像:「rootパスワード」を入力する

データの転送が終わり次第、サーバーへのデータパックの導入は完了です!

ステップ3:データパックが導入されているか確認する

念のため、無事にデータパックが導入できているか確認してみましょう。

まずは、以下の手順でサーバーに接続してください。

サーバーに接続する手順
  1. 「ゲームパネル」でIPアドレスを確認する
  2. マイクラを起動する
  3. 「マルチプレイ」をクリックする
  4. 「サーバーを追加」をクリックする
  5. 任意のサーバー名、IPアドレスを入力する
  6. 「完了」をクリックする
  7. 追加したサーバーを選択して、「サーバーに接続」をクリックすれば完了!

※詳しい手順は、以下の記事で解説しています。

サーバーに接続したあと、以下のコマンドを入力しましょう。

/datapack list

画像:「/datapack list」のコマンドを入力する

ログにデータパックが表示されたらOKです!

画像:ログにデータパックが表示されたらOK!
メモ

データパックが反映されない場合は、「reload」コマンドを実行してみてください。

おすすめのデータパック3つ

最後に、おすすめのデータパックを3つ紹介します。

おすすめのデータパック3つ

all oh all

画像:all oh all

▲出典:all oh all

『all oh all』は斧、つるはし、シャベル、はさみ、クワでの一括破壊を可能にするデータパックです。

サバイバルモードでワールドを開拓する場合、木や石などのブロックの破壊には多くの時間がかかりますよね。
とくに序盤は、整地や資材集めが大変です。

しかし、『all oh all』を導入しておけば、ブロックの一括破壊が可能。
整地や資材集めの時間を大幅に削減できます。

効率的にワールドの開拓を進めたいという方は、ぜひ導入してみてください。

体力まる見え![Health Viewer]

画像:体力まる見え![Health Viewer]

▲出典:体力まる見え![Health Viewer]

『体力まる見え![Health Viewer]』は敵モブ、動物、村人など、一番近くにいるモブの体力を可視化するデータパックです。

ゾンビやスケルトンなど、敵モブの残り体力が表示されるため、効率的に倒せるようになるでしょう。

また、体力の少ない村人が分かる点もメリットです。

貴重なアイテムを取引してくれる村人が消えないよう、事前に対策しやすくなります。

MobTamer

画像:MobTamer

▲出典:MobTamer

『MobTamer(モブテイマー)』は、ゾンビやウィザーなどを含め、あらゆるモブをペットにできるデータパックです。

ペットにできるのは最大で6体。
連れて移動できるのはもちろん、他のモブに攻撃させたり、騎乗したりもできます。

マイクラの新しい楽しみ方を探している方に、おすすめのデータパックです。

まとめ

今回は、ローカルとサーバーにデータパックを導入する方法を解説しました。

以下、ローカルとサーバーへのデータパックの導入手順です。

【ローカル】データパックの入れ方
  1. データパックをダウンロードする
  2. バージョンを合わせる
  3. データパックを「datapacks」フォルダに格納する
  4. データパックが導入されているか確認する
【サーバー】データパックの入れ方
  1. データパックをダウンロードする
  2. Xserver for Gameにアップロードする
  3. データパックが導入されているか確認する

MODより気軽に遊び方のバリエーションを広げられるところが、データパックの魅力です。

ひと味違うマイクラの楽しみ方を見つけたい方は、ぜひデータパックを導入してみてください!

以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

キャンペーン開催中

レンタルサーバーの国内シェアNo.1※サービス「エックスサーバー」が提供する「Xserver for Game」では、2024年5月27日12時まで、利用料金最大40%オフキャンペーンを開催中です!

今なら月額580円~お得にマイクラサーバーが立ち上げられます!
高性能CPUや高速ストレージなどを備え、サクサク遊べるマルチプレイ環境を構築可能。

なかでも、より快適にマルチプレイを遊べる8GB以上のプランがお得です!

【5月27日まで】利用料金最大40%オフキャンペーンはこちら!

ぜひこのお得な機会にマイクラサーバーの立ち上げをご検討ください!

※2024年5月時点、W3Techs 調べ。

マイクラサーバー以外でも使いたい方へ

マイクラ用マルチサーバーだけでなく、アプリやシステム開発、ブログの執筆、サーバー構築など、さまざまな用途に使いたい方は「Xserver VPS」がおすすめ!

今なら実質月額581円~圧倒的ハイスペックなVPS環境を構築できます!
さらに初期費用は無料です。

【6月3日まで】利用料金最大30%キャッシュバックキャンペーンはこちら!

ぜひこのお得な機会にマイクラサーバーの立ち上げをご検討ください!

以下の記事では初心者でも簡単にマイクラサーバーを立ち上げられる方法を紹介しています。検討されている方は、ぜひご覧ください。

URLをコピーしました!